ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


紙幣の希少番号を判別する機械

今日、コンビニの支払いで500円玉を出そうとしたら、それは長野五輪記念硬貨であることがわかったため、やめて1000円札を出しました。

しかしながら、それは未使用品ではなくまた大量発行品のため、そこに大した付加価値はありません。 

記念硬貨は割と目立つため財布をのぞくとすぐにわかるものですが、紙幣の希少番号は「意識の高い人」でないと気付かないでしょう。 

もし紙幣の希少番号がすぐにわかる機械があれば、銀行は希少番号の紙幣を入れ替えることに無理があるとしても、小売店などはちょっとした儲けになるのでしょうか。 

でも、そんな機械があると、それはそれで従業員の不正も発生しそうですね。

【スポンサードリンク】