ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


寝台列車のメリットとデメリット

f:id:Godiego:20180711203907p:plain

寝台列車は消える運命なのか

2014年3月には上野~青森間を行き来していた寝台特急「あけぼの」が、2015年3月には上野~札幌間を行き来する「北斗星(定期運行)」と、大阪~札幌間を行き来する「トワイライトエクスプレス」も廃止されてしまいました。

ブルートレインという言葉はもはや死語で、定期運行する寝台列車はベージュ色のサンライズ出雲・瀬戸くらいのものです。 

寝台列車の長所と短所

寝台列車はたとえ特急格であっても速度がやや遅いうえに料金は高く、とくに鉄道会社にとっては夜間の保線や通勤列車の運行の邪魔にもなると指摘されます。夜や早朝における停車には駅員も必要ですし、管轄区間が変わると乗務員の交代も必要です。また寝台列車の混雑率が上がると、利益率の高い新幹線の乗車率が下がってしまいます。寝台列車は長距離運行が基本でありJR各社をまたにかけるため、分割民営化の会社経営(利益重視の経営)の下では害が目立ちやすいのです。

ただし、寝台特急は遅いといっても、夜に出発し朝に到着すれば、時間の使い方としては合理的といえるかもしれません。しかし、その役目は安い運賃を売りにする高速バスが担っています。宿泊についても手頃な施設が大きく増えました。 

 

また、東京駅発6時台の新幹線を利用すれば、9時台に岡山や新青森に到着できます。寝台列車が朝に到着できるメリットは、ある程度失われているのです。

(寝台列車が最終の新幹線よりも後に出発し、始発の新幹線よりも早く着けられれば寝台特急にも価値がありますが、そのメリットを発揮できる区間は限られています。) 

こうなると、寝台列車の価値は他の乗客とともに旅をゆっくり楽しめることに集約されます。夜行列車を実用的な移動手段と位置づけるというより、豊かな旅が体感できる空間として位置づけるのです。

他の交通手段では代えがたい空間

寝台列車に乗車すると、寝る前の外の光景には風情が感じられますし、車掌が新幹線の乗車時よりも丁寧に検札を行ってくれることにも味わいがあります。

また乗車前の時点で、日頃は鉄道に興味がないと見られる人たちも撮影を積極的に行っています(※乗務員にフラッシュをあびせることは運行に支障をきたすので慎まなくてはなりません)。

早朝に起きると遠い土地を走行しており、日の出とともにこれから見知らぬ土地で旅や仕事が始まると思うと妙な興奮をおぼえるものです。

これは新幹線や飛行機、深夜バスでは代えがたい魅力があるといえます。昨今、JR各社の豪華列車に人気があるのも非日常的な要素を集約しているからではないでしょうか。

【スポンサードリンク】