ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


リアル書店とネット書店・インターネット情報を利用すれば良書にたどり着ける

良書に出会いたい

良書にめぐり会うためには、リアル書店とネット書店・インターネット情報の両方をうまく使うことが必要です。なおここでいうよい本とは、ノンフィクションでいうと、史実や社会観、分析についてできる限り公平かつ公正なもの、さらに読者の好奇心や問題意識をよい形で引き出してくれる書物と定義します。

リアル書店の長所は本当か

リアル書店の長所についてよくいわれるのは、店内を適当に探索していると思いもよらなかった本にめぐり会え、その中身もチェックできるというものです。確かにこれは大きな長所です。

 

しかし現在の日本のリアル書店では、本は取次(本屋の問屋)から自動的に送られてきます。よって、新刊が古い本と重複する分野である場合、古くて売れない本は書店から押し出されて取次・出版社に返本になってしまいます。つまり、多くの本を抱えていられない中型・小型書店の品揃えは偏ってしまいやすいのです。

この点、ネット書店では、検索を上手にかけたり関連リンクをたどっていくと、新刊以外でもよい本を発見することができます。またブクログや読書メーター、書評家のブログ、SNS、掲示板、アマゾンレビューなども参考になります。リアル書店での探索は自分中心になりますが、ネットでの探索は他者の意見に左右されるところが大きくなるのです。

権威ある図書館の情報も参考になる

ただし、インターネット情報は書評が偏っていることも少なくありません。ですから、たとえば政治経済関連の本が欲しいなら、インターネットで旧帝大の図書館が所蔵しているかどうかをチェックするなど探し方や良書の判断基準を工夫する必要があります。もちろん旧帝大の図書館も万全ではないでしょうが、そこの教授が認めたり、複数の学生が求めた本というのはそれなりのフィルターをくぐりぬけているだけあって一定の参考になります。

また中古書店や市民図書館でも、新刊中心の書店では扱っていない良書にめぐり会えることもあります。皆さんもリアル書店とネットをうまく使って良書を探してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】