ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


未来少年コナンの感想・見どころ

『未来少年コナン』のあらすじ

地球で多くの動植物を死に追いやった超磁力戦争が起きた後、生き残った人間たちが守旧派と闘いながら新たな生活を開拓していくというお話です。

監督やデザイン担当はあの宮崎駿先生です。70年代のアニメですが今でも十分おもしろいです。『天空の城ラピュタ』や『風の谷のナウシカ』が好きなら『未来少年コナン』も好きになれると思います。 

全体的な見どころ

  • 声が魅力的

⇒コナンは昔ののび太くん、ダイスは昔の波平さん、モンスリーはジムシィは女優としても活躍する青木さん、モンスリーは洋画の吹き替えで有名な吉田さん、レプカは家弓さん、グッチはマスオさんです。 

  • のちのナウシカやラピュタに継承されている要素の原点がある

⇒世界大戦後の浄化しつつある世界(滅びた旧文明)、強く生きる女性、異変を知らせる虫の大群など。

  • 蛾のような飛行艇ファルコ、脆い巨大毒蛾ギガント、2台のフライングマシーン、コミカルなロボノイド、プラスチップを運ぶバラクーダ号、ガンボートなど魅力的なメカが多く登場する

 ⇒これまたナウシカやラピュタに継承されている要素です。とくにギガントはナウシカのトルメキア軍の「脆い船(バカガラス)」に似ています。まぁギガントは内部から破壊されましたが。

話の都合上仕方ないと思いますけど、インダストリアから再脱出する際にコナンがロボノイドをうまく操縦できたことには違和感がありました。 あと、ギガントの尾翼はなぜ浮くことができたのでしょうか。

 

  • 先進的な科学が垣間見られる

⇒合成パン、地下の巨大防空壕、宇宙で発電したエネルギーを地上に取り込む発明、三角塔のバーチャル公園など。 

  • 守旧派(=根拠地インダストリア)がソ連のような統制経済を営んでいるところ

⇒日用品の配給制、等級別市民制度、密告・得点制度、部局制(行政局、貿易局、委員会)、恐怖政治(レプカに反抗すると日干し)などに統制経済が表れています。レプカは戦時体制を引き継いでいるのでしょう。 

  • 一方の主人公側(根拠地ハイハーバー)は大戦の反動から第一次産業を中心にした原始共産主義を営んでいるところ

⇒ハイハーバーの人々は各自の生産物を物々交換しています。また彼らは不労所得は好ましくないと思っており、農業か工業分野での手作りを好んでいるようです。 

  • DVDの1巻表紙はコナン、2巻はジムシィ、3巻はラオ博士、4巻はダイス、5巻はモンスリー、6巻はレプカ、7巻はラナ

⇒7人の主要人物を中心に話は繰り広げられるわけですが、8人目がいるとすると、おじぃかオーロが適格かな。 

  • オープニングの歌のシーンは大団円後ののこされ島での生活を描写しているという説あり

⇒オープニングでダイスやモンスリーも見たかったな。

主人公コナンの見どころ

  • ものすごい身体能力

⇒サメ並みの泳力、足指の驚異的な握力、飛行艇から海に落ちても助かる耐久力、足で投げて掴める銛のコントロール力、両手両足が不自由なままでも泳げる能力、砂漠でラナを背負ったまま何kmも歩き続ける持久力、コンクリートの壁を壊せる筋力、暗い地下で気絶したジムシィとダイスをつかんだまま泳ぎ切る肺活量、レプカが運転するフライングマシンに部品を投げつけて壊した遠投力など。どれをとっても超一流です。少年の時点でこれですから大人になったら楽しみですね。 

  • 精神力も超一流

⇒おじいを失ってから一人で大海原に旅立つ勇気、ジムシィの代わりにお尻叩きを受ける覚悟、武器をもったレプカにひるまない力、三角塔から飛び降りる度胸、ダイスに虐げられても真っすぐにラナに向かっていく想い、一人で漂流していても鳥に餌を与える優しさなどがコナンにはあります。 

  • 長く無言になる場面がある

⇒インダストリアで窓越しにラナと再会したとき、ラナと2人で砂漠に漂着した際にすぐに声をかけずに過去を回想し一人芝居を見せようとしたとき、ハイハーバーでラナにビンタされたとき、ハイハーバーで大津波が本当だということをモンスリーに訴えたとき、ハイハーバーからインダストリアへラナを連れていくか迷ったとき、そしてレプカと手が離れてギガントの最期を見送ったときなどです。コナンは明るさだけでなく思慮深さも持ち合わせているといえます。無言で魅了するというのは上質なドラマや映画のようです。

  • 社会性も身につけた

⇒コナンは身体能力も精神力も抜群ですが、多くの人間の中(社会)で生活したことがなかったのでハイハーバーではジムシィとともにトラブルを起こします。彼らは分業や物々交換、家畜としての豚を知らなかったようですから。でも、持ち前の明るさで苦難を乗り越えていきます。

  • ちょっとした芝居を見せる

⇒初めてジムシィと会ったときには死んだふり、さらにインダストリアから脱獄するときも死んだふり。漂着した砂漠ではラナの前で初対面時を再現。三角塔では「落ちる!うわぁーー、ぁ。」と落ちたふりを演じる。

ヒロイン、ラナの見どころ

  • テレパシー能力あり

⇒最終回ではテキィと一体化します。 

  • 綱を食いちぎる咀嚼力

⇒見た目も性格もシータによく似ています。主人公を救う強いヒロインの原形? 

  • すごい泳力?

⇒少女がバラクーダ号からのこされ島までの大海を泳げるかな。あと、撃沈された小型ボートからコナンを救い出す際に見せた潜水能力もすごい。

  • 母親の形見(宝石)が宝物

⇒オーロにわたしてからテラによって返されました。オーロは自分で返せばよいのに。

  • ちやほやされるお嬢様?

⇒オーロがラナのことを「そのお嬢様面が気に食わない」「博士の孫だからって、みんなちやほやしやがって」といっていました。

  • 精神年齢が高い

⇒コナンやジムシィは初対面時に子どもっぽく張り合ったように子どもらしい一面も持ち合わせていますが、ラナの精神年齢は30歳くらいはあるんじゃないかなと思うほど成熟しています。インダストリアを最終的に脱出するときの判断はラナが担ったほどですから。

コナンの仲間ジムシィの見どころ

  • 序盤はわがままな不良少年だったが、終盤は頼れる仲間になった

⇒序盤ではタバタバを奪って吸ったり、ダイスの食事を食い逃げしたり、コナンに迷惑をかけたりするなど不良ぶりが目立つ少年でした。しかし、コナンやチートに感化されてからは頼れる「重要人物」になりました。

最終回では自身の長い髪の毛を釣り糸にして釣った魚で命をつないでいました。でも、相変わらずダイスには反抗しっぱなし。

  •  飼いブタの名前はウマソウ

⇒いずれ食べるのかな? 

  • コナンに次ぐ運動能力

⇒コナンと会った当初はコナンと同じくらいの運動能力だと思っていましたが、地下街からの脱出シーンを見ると泳力や肺活量にかけてはコナンの方が上ですね。 でも、ハイハーバーの黒豚を岩山地帯から森林に一人で運び、丸焼きにする筋力は人間離れしています。

  • 食いしん坊

⇒バラクーダ号では船長の食事を、ハイハーバーではオーロの豚を勝手に食べちゃいました。テキィ(アジサシ)も食べたがっていました。 

  • 初対面でオーロの本質をすぐに見抜いた

⇒馬に乗ったオーロから見下ろされた際に、ジムシィの顔は一瞬で警戒心の高い表情に変化しました。これも野生児のなせる業か。 

モンスリー女史の見どころ

  • 少女時代にムクという犬を飼っていた

⇒ムクと遊んでいたところから戦争と大津波に発展した回想シーンは非常に印象的。 あれはナウシカの「火の七日間」に近いインパクトがありました。

  • 「戦争を引き起こしたのはあのとき大人だったあんたたちじゃないの!」

⇒大戦時に子どもだったモンスリーは生き残るのに大変な苦労をしたようです。この苦しさが、大戦時の中核的な世代(おじい世代)への恨みに変わったのでしょう。

  • 「バカね」

⇒最初はきつい「バカね」だったのに、徐々に柔和な「バカね」に。 元祖ツンデレ?

  • インダストリアの女史でありメカに詳しい

⇒見た目や性格はクシャナっぽいのですが、割と中身まで整っている印象。 なかでもファルコをギガントの主翼に突き刺した操縦はお見事。

  • 「インダストリアの弾もあたることがあるのね」

⇒制作陣もわかっているんですね。

  • 年齢設定は28歳らしい

⇒ジムシィに「おばさん」と呼ばれて不機嫌になっていました。

ダイス船長の見どころ

  • 味方になったと思ったら裏切り、また味方になったと思ったら裏切ったりとサイコロのように態度が変わる男

⇒とくにインダストリアから2度目の脱出を図った際に「オレを巻き込むな」といってコナンを殴ったところは酷いものでした。 でも、そういう不完全さというか人間臭さがダイスの魅力なのかも。

  • 意外とプライドが高い

⇒インダストリアで査問を受けた際には「人さらい」という言葉に強く反応したり、オーロには自分をキャプテンと呼ばせたりしていました。また、ハイハーバーでの大津波の後ではバラクーダ号船長として船から最後に降りることにこだわっていました。

全体的に人格面では問題があるものの、航海術や海に関する知識は確かなようです。

  • 見た目が面白い

⇒鼻付近から生えてる毛はヒゲか、それとも鼻毛か。

  • 最後は女史とゴールイン

⇒初期では嫌っていましたが…。

  • 古風なセリフが見受けられる

⇒「土左衛門」「カエルの面に小便」「海の男、空に死すかい」「くわばら、くわばら」など。

  • 三枚目っぽいキャラではあるが二枚目になるところもある

⇒水葬式や結婚式・進水式、そして新大陸に錨を下すときのセリフ・表情は二枚目風。

  • ドンゴロスとグッチとパスコという部下がいる

⇒とくにドンゴロスはいいキャラしてます。 

 

インダストリア行政局局長レプカの見どころ

  • レプカは大戦時代の軍人の生き残りか

⇒インダストリアの人間はコアブロック(巨大地下壕)の生き残りです。しかしレプカの強い野心を見ると、大戦時はおとなしく地下壕にいたのではなく軍人として活動しており、そのときの野心を引き継いでいると考えられます。

  • 基本的には冷酷非道

⇒でも、インダストリアからフライングマシーンで脱出を図ろうとした際に歯ブラシやタオルなど生活用品一式をぶちまけたシーンは、それに似合わないものでした。冷酷でありながらも間抜けな面も見せてしまうあたりはムスカと通じるものがあります。

  • コナンとラナが乗った小型ボートはガンボートに撃沈されたが、当初、レプカは小型ボートにはコナンしか乗っていないと思い込んでいた

⇒ラナの赤い服はよく目立つと思いますし(暗くてわからなかったか)、レプカは船の開放部に乗っていたのに、なぜかラナは乗っていないと思い込んでいました。

  • 最期は致命的な判断ミスか

⇒ギガントではもっと早くエンジンと尾翼を切り離していれば助かったのでしょうね。それかおとなしく不時着するか。 

または早い段階で多少の傷がつくことを覚悟してレーザー光線でファルコを焼き払うか。

そもそも戦艦の砲台の発射角度は自身に当たらない範囲で動かせるようにすべきであって、自身を攻撃できるような設計にした時点でミスであるとも指摘できますが。

  • インダストリアでダイスが死んだふりをしたときにドンゴロスとグッチにくすぐりを命じた

⇒ギャグアニメでもないのに、くすぐることを命じる悪者って珍しいと思いませんか。

ラオ博士の見どころ

  • パッチという技術者に変装していた

⇒かつてラオ博士はインダストリアから逃げた際に負傷して髪型や顔の輪郭が変わり、さらに変装してサルベージ船に来たという設定になっていますが、孫のラナから見たら声色や体格でもっと早く見抜けなかったのでしょうか。

  • かなり屈強な男

⇒ラオ博士は↑のような大けがをしても自力で立ち直ったり、サルベージ船でやや弱っていたコナンを接近戦で手玉にとったりするなど、レプカに拷問されるまでは年齢の割に屈強な男だったようです。

  • 太陽エネルギーを開発した科学者グループの一員だった

⇒現実社会でも太陽エネルギーについては宇宙太陽光発電という形で実現するかもしれません。 

  • ハイハーバーではかなり尊敬されている人物

⇒ガルおじさんいわく、大変動直後、ラオ博士はフライングマシンであちこちに取り残されていた人々を多数救出したとのこと(おそらくハイハーバーに連れてきた)。本人は大変動の主因になった技術開発に携わっていたことを悔やんでいますが、周囲の人間はそれを責めず、むしろ尊敬しているようです。

ちなみに大変動後の5年間は麦がとれず、島中が飢え死寸前まで追い詰められたそうです。

  • 最期は水葬を希望した模様

⇒あれは船長であるダイスの判断かも。メイザルと対面させなくてよかったのかな。 

ハイハーバーの鬼っ子オーロの見どころ

  • 元々は孤児でチートたちと一緒に働いていたようだが、嫌になって幹部制を敷きだしたらしい

⇒村長やシャン(ラナのおじさん)たちも、そこに効果的な策を打てなかったためにオーロたちは暴走したらしい。 

  • オーロいわくハイハーバーという島の中で山側は「オレの国」らしい

⇒以前は村側と山側(孤児たちの土地)は仲がよかったようです。しかし、オーロが幹部制を敷いてからは山側と村側の物々交換に税金をかけるようになりました。 そのピンハネルートの一部がコナンにつぶされたので、オーロはダイスとつるんで焼き討ちを仕掛けたわけです。

  • テラという妹がいる

⇒「ジムシーのバカぁ」。最終回ではオーロと別れて暮らすことにしたようです。将来はジムシィと親戚関係になるかな。 

  • コナンに敗れてからは改心した模様

⇒最終回ではガルおじさんと花火を打ち上げていました。

いくつか謎が残った

  • おじいの仲間たちはなぜ亡くなったのか

⇒おじいの仲間はおじいより少し若いくらいの年代です。おじいとコナンを残してなぜ揃いも揃ってなくったのでしょうか。原因としては伝染病や事故死、仲間割れなどが考えられますが、隔離技術もないあの小さな島で伝染病が発生したら全滅だと思います。男たちが漁に出て事故が起きて亡くなったというパターンもありそうですが、それなら女性たちは生き残っているでしょう。それぞれ別の原因で亡くなったのかな。

  • おじいに対する「あなた言葉を覚えているの」というモンスリーのセリフ

⇒モンスリーは、おじいはプラスチップ島の高齢者たちのように言葉を話せなくなったと思っていたわけですが、むしろプラスチップ島の高齢者たちはなぜ言葉を話せなくなったのでしょうか。そしてあの島で育ったと思われるジムシィはなぜ言葉を話せるのでしょうか。いろんな可能性が考えられます。

  • バラクーダ号が来なくなってからプラスチップ島の人たちはどうなったのか

⇒まさか姥捨て島になったのかな?

  • なぜギガントの先端部や尾翼は海に浮いていたのか

⇒あのような金属系パーツは着水したら沈むものでしょう。コナンが乗ってた先端部は非常脱出装置なので浮く構造だったことが考えられますが、尾翼が立った状態で海に浮いていたのは謎です。

 

【スポンサードリンク】