ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


現代だからこそ役立つ教養

現代の成人は何らかのプロ

現代人は成長して就職すれば自らの業務範囲においては何らかの「professional」になります。たとえば小売店や工場の従業員も自らの業務範囲においてはプロであり、プロ意識をもつ必要があると考えられます。

現代ほどの専門職が存在しなかった前近代では、農業を中心とした非専門的な活動が展開されていましたが、職業の専門化と分業化が進んだ近現代では、自らの職掌にある程度専念する傾向があります。現代人は副業を持つ場合がありながらも専門的な分野はプロに頼って生きているといえます。

専門分野以外のことから道が拓ける

もっとも、自分の専門分野に詳しいことは職業人として当たり前であって、それは基本的に教養とはいえないでしょう。教養とは自身の中でおもに補助的な要素を構成するのであって、実務の根幹はあてはまらないと考えられるからです。たとえば一般的には美術に関する知識は教養にあたりますが、美術館の学芸員が美術に詳しいのは当たり前のことです。

 

しかし、PCのエンジニアが美術に詳しかったら、その人は教養があるといえるのではないでしょうか。これに関して、かつてスティーブ・ジョブズ氏はカリグラフィー(西洋の装飾文字)を学んでおり、それがAppleの製品開発にとって役立ったとスタンフォード大学の卒業式で語ったことは有名な話です。

単に情報を蓄積したり与えられた数式を解いたりするだけならコンピュータの方が明らかに優れているので、人間は問題の発見やコンピュータに与える要件など、コンピュータが創造的に遂行できないことを身につける必要があるでしょう。

教養の不確実性

教養には、いつ判明するのかは分かりませんが、役に立つモノもあれば、役に立たないモノもあります。また金銭面では役に立たないとしても、挑戦をあきらめない力や人生を生き抜く力など精神の安定には役立つ教養もあるでしょう。

金銭の増加は一定ラインまでは人の幸福感と相関がありますが、どこまでも同じ伸び率で比例し続けるかといえば、それはないでしょう。直観的に考えても「世界一の金持ち=世界で最も幸せな人」と決めつけることは無理があります。このあたりは経済学や統計学でも証明されています。

お金だけで幸せが必ず成り立つのなら人間は実利的なことばかり摂取すればよいわけですが、そうでもないからこそ様々な可能性がある教養を身につける必要があるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】