ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


見た目の差別化戦略は男と女で異なるか

女性のファッションは男性よりも多様か

街行く人のファッションを見ると、基本的に女性のファッションの方が男性よりも多様だと感じられます。

まずボトムスについて、女性はパンツスタイル(スラックス)かスカートスタイルかを選ぶことができます。もしスカートスタイルを選んだとしても、そこからワンピースを選ぶことだってできます。

しかし、男性はパンツスタイルを選ぶことが基本です。スコットランド人や原宿の若者は男のスカートスタイルに抵抗がないかもしれませんが、一般論としてはパンツスタイルが基本です。それに男のワンピースというのも、ほとんど見かけないスタイルです。この時点でどう考えても女性のファッションの方が多様に見えるわけです。

トップスでは男のファッションにも多様性が出てきますが、ボトムスが限定されている以上、トップスとの組み合わせパターンは女性の方が多いでしょう。

ただし、選択肢が多いというのは迷うことと表裏一体なので、選択肢が多いことが必ずしもよいとは限りませんが。

筋肉における差別化

男はファッションでは差別化が難しいので、筋肉で他の男と差別化するという選択肢もあります。男の方が筋肉をつけやすいからこそ強調される芸当です。

もちろん、筆者としては女性が筋肉をつけても一向に構わないと思っています。以前見たアメトーークによると、ゴールドジムは「(男女ともに)筋肉は一生モノの服である」とまでうたっているようですから。

しかしながら、一般論としては男の方が筋トレに熱心です。

外見の既成概念は覆されれるか

ファッションでも筋肉でも以上の既成概念が覆されれば、大きな経済効果も出てきそうですが、それは難しいですかね。

【スポンサードリンク】