ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


バラエティ番組の最終回は悲しいか

笑っていいとも!の最終回で聞いた印象的な言葉

以前、『笑っていいとも』のフィナーレにおいて元SMAPの中居氏が非常に興味深いことを言っていました。

その主旨は「音楽ライブは最終日、映画はクランクアップ、ドラマはオールアップという明確なゴールに向かって動くが、バラエティ番組に特定のゴールはない。評判が良くても悪くても映画やドラマは最終回に向かって進むだけだが、バラエティは人々を楽しませようとするだけで最終目的がない。だからバラエティ番組の最終回は悲しい」というものです

テレビ番組に明確なゴールはあるのか

これはバラエティ番組の本質を突いた発言ではないでしょうか。確かにバラエティ番組は視聴率が良ければ続き、視聴率が悪かったり有力な出演者が降板を申し出たりすれば「ゴール」がないまま終わるのでしょう。中居さんって結構考えているんだなと思いました。

「人間は目標をもって生きろ」なんて言われることがありますが、バラエティ番組の構成員は楽しさと視聴率を増大させようするばかりで、明確なゴールを見出しにくいといえます。

【スポンサードリンク】