ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


現在単線の御殿場線は昔、複線だった

箱根の山を越える際の北回りと南回り

御殿場線に乗ると重要な歴史と地理的事情が垣間見えます。

そもそも日本の交通上の大動脈である東海道において、神奈川県から静岡県方面に向かうには箱根付近の険しい山々をトンネルで貫くか、合間を走るしかありません。

具体的には、東海道本線や東海道新幹線のように芦ノ湖の南側から西に行くパターンと、御殿場線や東名高速道路のように芦ノ湖の北側から西に行くパターンです。 

丹那トンネル建設へ

戦前の御殿場線は複線だったように鉄道ルートは北側を使っていました。しかし、北側ルートは地形が険しく、鉄道運行には補助機が必要でした。そこで政府・国鉄は芦ノ湖の南側を鉄道で通れるようにすべく丹那トンネルをつくったのでした。それが現在の東海道本線です。

そして丹那トンネルのすぐ北にあるのが、東海道新幹線が走り抜ける新丹那トンネルです。東海道新幹線という高速軌道の中でも、その近くの熱海駅付近は最も通過速度が低くなるほど地形が厳しい土地なのです。 

ただ乗っているだけではもったいない

御殿場線に乗ると、現在でも複線時代の跡をいくつも眺めることができます。列車に乗る際には風景だけでなく沿線の歴史も眺めてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】