ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


管釣り初心者向けの道具

最低水準を満たしたタックルを準備しよう

ルアーフィッシングでは道具のことをタックルと呼びます。釣り具の量販店に行くと、すごく安い釣り竿(ロッド)も見かけますが、安すぎるロッドは中古やオークションに出してもほとんど値がつきませんので最低限の水準を満たしている商品を買うことをおすすめします。

管釣りに適したロッドは7000円以上で、リール(スピニング)は4000円以上が最低水準ラインといったところです。ロッドとリールに関してはダイワとシマノという日本の大手メーカーのものは上級者からも信頼度が高いです。

高級品はその10倍以上もの価格がついていますが、初心者の段階ではまだ買わない方がよいでしょう。基本的には店員さんに管理釣り場でトラウトを釣りたいという旨を伝えて選ぶべきです。

ルアーはスプーンとクランクベイトが基本

次にルアーです。管理釣り場のルアーはスプーンとクランクベイトが基本です。スプーンというのは小さい金属片にちょっとした装飾が施されているものです。スプーンは、大物狙いで流れが強いところほど重いものを使い、そうではないときほど軽いものを使います。したがって、管釣りでは0.7g~2gというスプーンとしては軽い部類を選びます。スプーンは1個400円くらいで、色は派手なものと地味なものを用意すべきです。

クランクベイトは少し太った小魚を模したルアーです。クランクベイトはムカイフィッシングというメーカーから発売されている商品に定評があります。複数個もっていると便利です。資金に余裕のある方は、ミノーという細い小魚を模したルアーも買っておくとよいと思います。

邪道ルアー?

管釣りには「邪道」と呼ばれるルアーがあります。具体的には、フェザー(羽のような毛)を使ったモノ、生餌であるイクラを模したモノ、トルネードと呼ばれる不思議なルアーです。これらのルアーはよく釣れるのですが、使用が禁止されている管理釣り場もありますので、購入や使用はお気を付けください。

ラインはナイロンが無難

ラインとはリールに巻いて使用する糸のことです。ラインにはナイロンとフロロカーボンとPEという素材があるのですが、初心者にはナイロンを強くおすすめします。なぜならフロロカーボンは扱いにかなり慣れていないと、トラブルに発展しやすいからです。PEは価格に割高感があります。

ラインは安物を買っても大丈夫ですが、何度も使ったり太陽光にさらし続けると劣化しますので、価格よりも「鮮度」に気を配った方がいいです。

ブラックバス用の道具は流用できるか

管釣りでは0.7g~2gという軽いスプーンを使うことが基本です。ミノーやクランクベイトにしてもバス用ルアーよりも軽いものを使います。それゆえバス用のロッドは固くて使いにくいです。リールもそれに合わせて小型のスピニングリールを使うことが普通です。

【スポンサードリンク】