ソシャログ

社会の本質にゆるく迫ります。


株価をあまり気にしないで済む方法

短期投資では株価を気にするのがあたりまえ

まず大前提としてスキャルピングやデイトレードといった短期投資では(とくにザラ場)株価や為替、先物などを気にしないと好成績を収められないでしょう。ですので、短期投資で株価を気にしないで済む方法を探すというのは、それ自体が矛盾している行為といえます。

論者によっては指値や逆指値を工夫しておけば、PCの前に張り付いていなくてもデイトレードは可能だとする説もありますが、筆者としてはそれは難しいと考えています。

一方、中長期投資では株価を気にしすぎても、あまり意味がありません。中長期投資では決算前後や大きな材料が出たときに売買・決済を考えるべきであって、ある程度の放置が基本です。

おそらく専業の方は短期投資が多く、兼業の方は中長期投資が多いのではないでしょうか。兼業の方は他に仕事もある以上、株価ばかり気にしていられないでしょう。そこで株価をあまり気にしないで済むための方法をいくつか挙げてみます。

 

①.値動きが激しい銘柄への投資を避ける

値動きが激しい銘柄に投資すると自分の資産も激しく動くわけですから、当然株価も気になります。そこで値動きが値動きが穏やかな銘柄に投資しておけば、株価を気にする度合いが下がるでしょう。

②.財産の一極集中をやめる

大きく儲けるためには投資銘柄を分散させない方がよいとされています。しかし、極端にそれをやると株価が気になってしまいます。集中投資を否定するわけではありませんが、極端な集中投資は考え物かもしれません。

③.単純に気にしない習慣をつける

株価をいつも気にしていると、それが習慣化してしまいます。そこで気にしない習慣をつければ株価を過度に気にしなくなるでしょう。

また「株価を気にしたところで株価が上がるわけではない」と自分を冷静にコントロールできるくらいの精神力を持ち合わせている方が投資も成功しやすいのかもしれません。

幸い株式市場は為替と違って夜は時間外取引が行われているだけで株価は動きませんから、その時間は比較的安心です。

市場全体を左右するニュースはチェックすべきか

ここまで中長期投資では株価を気にしすぎない方がよいと述べてきました。しかし日本市場全体を左右するニュース、たとえば日本政府の動向、日銀の発表データ、米国と中国という二大市場の大まかな動向などは投資云々以前に社会常識として知っておいた方がよいかもしれません。

【スポンサードリンク】